保育士のやりがいと転職

食事

子育てのQ&A

Q離乳食をたべてくれない、いやがるのですが。


・お腹がすいた時与えていますか。
・味見をしてください 味付けは適当ですか。
・薄味にしましょう。
・あまりたべないときは、抱いてみましょう。
・笑顔ではなしかけたり、雰囲気づくりも大事です。
・おいしいね、と声かけしたりしてみてください。
・手つかみ、遊び食べ。(楽しく、だんだん自立させます)

 

Qお箸は何歳くらいから?。


・2歳くらいからがいいでしょう。 

 

Q食べ物に、好き嫌いがあるのですが。


・お母さんが好き嫌いをしていませんか。母親に好き嫌いがあると、子どもも同じ傾向があるようです。
・食材を満遍なく使いましょう。

 

Qよくこぼすのですが。


・こぼしてもいいような環境作りを。 あとで、一緒に拾いましょう。

 

Q食事のしつけは何歳からが良いですか?


・3歳をめどに。 手を洗い、こぼしたら拾います。
・お母さんと一緒に拾います。

 

 

睡眠

子育てのQ&A

Q寝つきが悪いのですが。


・昼間外で、しっかりあそばせましょう。 外気浴など。
・生活リズムをきめましょう。 時間をきめて寝せる。食事をさせることなど。

 

Q夜泣きをするのですが。(不機嫌、不満)


・昼間、大きな犬にほえられた、大声で叱られた、、などありませんでしたか?。
・怖い目にあった、、などの時は抱いてあげましょう。
・8〜9時ごろまでには寝せましょう。(習慣づける)
・熟睡して1〜2時間くらいで、成長ホルモンが分泌します。
・夜中でも一緒に起きて抱いてあげましょう。
・はじめから沿い寝をしましょう。(親子の信頼と愛着関係)
・昼間でもなるべく抱いてあげましょう。
・夜遅くまで、大人に付き合せないようにしましょう。

 

 

排泄

Q排泄の習慣がなかなか身につかないのですが。


・おむつを取る時期は、冬よりも夏に向かうときがよいです。トイレより、まずおまるへ連れて行きましょう。
・毎日、朝食のあとにトイレに連れて行くようにしましょう。
・食事中でもモゾモゾしている時は、トイレに連れて行ってみましょう。
・おまるでおしっこがでたら、大げさに褒めてあげます。
・尿の間隔が短いので、こまめにトイレに連れて行きましょう。
・一人で歩けるようになったら、オムツからパンツへ。(ゴム入りパンツがよい)
・オムツは紙おむつよりも、なるべく布オムツを使いましょう。(濡れたら気持ち悪いと言うことを感じるののが非常に大切です。
・紙おむつはなるべく、夜、外出時のみにしましょう。排便、排尿の自立は、布オムツを使用したほうが早いです。
・失禁しても叱らないようにしましょう。 お尻をすぐに洗ったり、オムツをすぐに、取り替えて、気持ちよく過ごせるようにします。 失禁したら気持ちわるいので、すぐに教えるようになります。 また、したくなったらすぐに教えるようになります。 子どもが教えたら、褒めましょう。 すぐに、おまるかトイレに連れていきます。お尻はいつも、清潔にします。
・よその子と比べてせかさないようにしましょう。(いそがせない)
・ウンチの合図は、ご飯を食べているときにお尻を動かしたり腰を振ったり、もそもそします。 そんな時はトイレに座らせてみましょう。
・厚手のトレーニングぱんつよりも薄手の綿のパンツの方が脱ぎ着しやすいです。

 

 

沐浴・風呂

子育てのQ&A

Q赤ちゃんを風呂にいれるときすべりやすいのですが。


・膝の上に広めのタオルを広げて、そのうえで、赤ちゃんをだいて洗いましょう。

 

Qお風呂をいやがるのですが。


・食事の前後1時間内にいれましょう。満腹のときは、吐くことがあります。お腹が空いているときは、機嫌が悪いときがあります。
・お湯の温度は適当ですか。(夏は38度、冬は40度)
・赤ちゃんに長湯はさせないようにしましょう。
・湯上りに水分をとらせましょう。

 

Q頭を洗うとき不安がります。


・小さいときは上向きに抱いて、洗いましょう。
・3歳になると、うつむいて、自分であらわせます。 目をつむって洗います。

 

 

他に気をつけることです。


・外出の時は帽子をかぶせましょう。(顔にに日差しがあたらないように、帽子で日陰をつくります)
・自動車・飛行機等は首が座るまでは、乗せないようにしましょう。