保育士のやりがいと転職

身長は6ヶ月で約13センチ伸び、平均で男児が63センチ、女児が61.4センチとなります。 体重は3ヶ月で出生時の2倍を超え、平均で男児6.83kg、女児で6.3kgに成長します。 皮下脂肪が増え、お腹も丸みが出て、見た目も赤ちゃんらしくなります。   

 

あかちゃんの成長、発達

 

 生後3か月で首が座りはじめ、うつ伏せにすると、手をつっぱり、頭、肩、胸を少しもちあげることができるようになります。 そして生後4か月には、大人が身体を両手で支えてあげると、足でふんばり、曲げたり突っ張ったり、、また支えると短時間なら座っていられるようになります。 更に5ヶ月頃になると動きも活発になり、寝返りができるようになります。 また、目と手の協応作用ができるようになります。 

 

 言葉は4ヶ月頃には「あーあ」「ぶーぶー」といった声を出し、大人が相手をすると、声の調子を変えたりして応えるようになります。 快と不快の情緒は新生児期よりも更に分化し、泣くことが少なくなりますが、泣くことに意味があり、欲求が満たされないと顔を赤くして力の限り泣き続けます。(泣く=欲求) 快い時は微笑んだりして機嫌がよく、見知らぬ人が来ると、じっと顔を見つめます。


関連ページ

1) 新生児期(乳児期 生後1か月)の発達段階と特徴
新生児期(乳児期 生後1か月)の体の成長、発達の様子です。 標準的な数値を書いておきますが、赤ちゃんによって成長が早い、遅いがありますから、あくまでも目安にしてくださいね。
3)乳児期(6か月から1歳3か月まで)の発達段階と特徴
乳児期(生後6か月から1歳3か月まで)の体の成長、発達の様子です。 標準的な数値を書いておきますが、赤ちゃんによって成長が早い、遅いがありますから、あくまでも目安にしてくださいね。
乳児期(6か月から1歳3か月まで)の保育・子育て
幼児期(10ヶ月から1歳3か月未満)の遊び
4)幼児期(1歳3か月から2歳未満まで)の発達段階と特徴
幼児期(1歳3か月から2歳未満まで)の体の成長、発達の様子です。 標準的な数値を書いておきますが、赤ちゃんによって成長が早い、遅いがありますから、あくまでも目安にしてくださいね。
幼児期(1歳3か月から2歳未満まで)の保育としつけ
幼児期(1歳3ヶ月から2歳未満)の遊び
5)幼児期(2歳児)の発達段階と特徴
幼児期(2歳)の体の成長、発達の様子です。 標準的な数値を書いておきますが、子どもによって成長が早い、遅いがありますから、あくまでも目安にしてくださいね。
幼児期(2歳児)の保育のねらいとしつけ
幼児期(2歳児)の遊び
3歳児以上の特徴と保育の重点
6)幼児期(3歳児)の発達段階と特徴
幼児期(3歳)の心と体の成長、発達の様子です。 標準的な事を書いておきますが、子どもによって成長が早い、遅いがありますから、あくまでも目安にしてくださいね。
幼児期(3歳児)の保育のねらいとしつけ
幼児期(3歳児)の遊び
7)幼児期(4歳児)の発達段階と特徴
幼児期(4歳)の心と体の成長、発達の様子です。 標準的な事を書いておきますが、子どもによって成長が早い、遅いがありますから、あくまでも目安にしてくださいね。
幼児期(4歳児)の保育のねらいとしつけ
幼児期(4歳児)の遊び
8)幼児期(5歳児)の発達段階と特徴
幼児期(5歳)の心と体の成長、発達の様子です。 標準的な事を書いておきますが、子どもによって成長が早い、遅いがありますから、あくまでも目安にしてくださいね。
幼児期(5歳)の保育のねらいとしつけ
幼児期(5歳児)の遊び
小学校の入学準備