保育士のやりがいと転職

身長は出生時の約1.7倍で、男児平均87.1センチ、女児平均は85.5センチです。 体重は出生時の約4倍で男児平均12.23s、女児平均は11.61身長は出生時の約1.7倍で、男児平均87.1センチ、女児平均は85.5センチです。 体重は出生時の約4倍で男児平均12.23s、女児平均は11.61?です。

 

 2歳児は第一反抗期と言われ、とにかくよく反抗する特徴があります。 それは自我の発達(自分と他人との区別)自律(自立)心が育ってきているからです。この時期は大人が手を出そうとすると払いのけ、あくまでも自分の意思を通そうとします。 そんな時は、通してもよい要求は認めてあげて気持ちを満たしてやり、「自分は両親から認められ、受け入れられているという安心感」が持てるようにするのが大切です。 ただし、何でも赦されるというわけではなく、社会的に認められない要求は、その時々に言い聞かせ、具体的に教えなければなりません。

 

 

 この時期、基本的生活習慣が(食事・排泄・睡眠・衛生・着衣)だんだん身についてくる時期です。 服は着脱しやすいものを着せて、自分でできるようにしましょう。 食事は乳歯が出揃うので、ほとんどのものが食べられるようになります。 スプーンやフォークが上手に使え、すくったものをこぼさずに口に運ぶことができます。 保育所では、食器を運ぶなど、お手伝いができるようになります。  

 

排便はだいたい1日1回で、時間も決まってきます。 尿は約2時間に1回で尿量も多くなり、排便の予告もできるようになります。

 

 

 全身の運動機能がスムーズに働くようになり、走る、押す、引っ張る、投げる、運ぶ、積む、ぶら下がるなどができるようになります。 階段を登る時も、足を交互に運ぶことができます。 手の指先もよく発達し、積み木を高く積んだり、本のページも上手にめくることができます。 はさみで紙を切り、のりづけもできるようになります。

 

 この頃は急に言葉も増え、「マンマチョウダイ」「ワンワンイッタ」など、2語文もかなり話せるようになり、2歳半になると「〜だから〜だよ」というように物事の因果関係がわかるようになります。 また目にふれるもの、聞くものことごとく「これなーに」「どうして」などと質問し、納得できるまで聞きます。

 

  このように周囲の未知のものに興味を示し、何でもためしたり、やってみたくなる時期で、大人の言うことを無視してよく動き回ります。 自我意識や独占欲が強くなり、自分の周囲の人に対する愛情や嫉妬心がいちぢるしくなるのもこの時期の特徴で、弟や妹が生まれると母親を取られたように思い、嫉妬したり、退行現象をおこしたりして急に手を煩わせることもよくあります。 社会性もかなり育ってきますが、まだ一人遊びが多く、友達と遊んでも自己主張の強い子はおもちゃの取り合いをし、なかなか相手に譲らず、喧嘩になることが多いです。


関連ページ

1) 新生児期(乳児期 生後1か月)の発達段階と特徴
新生児期(乳児期 生後1か月)の体の成長、発達の様子です。 標準的な数値を書いておきますが、赤ちゃんによって成長が早い、遅いがありますから、あくまでも目安にしてくださいね。
2)乳児期(生後6ヶ月まで)の発達段階と特徴
乳児期(生後6ヶ月まで)の体の成長、発達の様子です。 標準的な数値を書いておきますが、赤ちゃんによって成長が早い、遅いがありますから、あくまでも目安にしてくださいね。
3)乳児期(6か月から1歳3か月まで)の発達段階と特徴
乳児期(生後6か月から1歳3か月まで)の体の成長、発達の様子です。 標準的な数値を書いておきますが、赤ちゃんによって成長が早い、遅いがありますから、あくまでも目安にしてくださいね。
乳児期(6か月から1歳3か月まで)の保育・子育て
幼児期(10ヶ月から1歳3か月未満)の遊び
4)幼児期(1歳3か月から2歳未満まで)の発達段階と特徴
幼児期(1歳3か月から2歳未満まで)の体の成長、発達の様子です。 標準的な数値を書いておきますが、赤ちゃんによって成長が早い、遅いがありますから、あくまでも目安にしてくださいね。
幼児期(1歳3か月から2歳未満まで)の保育としつけ
幼児期(1歳3ヶ月から2歳未満)の遊び
幼児期(2歳児)の保育のねらいとしつけ
幼児期(2歳児)の遊び
3歳児以上の特徴と保育の重点
6)幼児期(3歳児)の発達段階と特徴
幼児期(3歳)の心と体の成長、発達の様子です。 標準的な事を書いておきますが、子どもによって成長が早い、遅いがありますから、あくまでも目安にしてくださいね。
幼児期(3歳児)の保育のねらいとしつけ
幼児期(3歳児)の遊び
7)幼児期(4歳児)の発達段階と特徴
幼児期(4歳)の心と体の成長、発達の様子です。 標準的な事を書いておきますが、子どもによって成長が早い、遅いがありますから、あくまでも目安にしてくださいね。
幼児期(4歳児)の保育のねらいとしつけ
幼児期(4歳児)の遊び
8)幼児期(5歳児)の発達段階と特徴
幼児期(5歳)の心と体の成長、発達の様子です。 標準的な事を書いておきますが、子どもによって成長が早い、遅いがありますから、あくまでも目安にしてくださいね。
幼児期(5歳)の保育のねらいとしつけ
幼児期(5歳児)の遊び
小学校の入学準備