保育士のやりがいと転職

1、保育のねらい 

 

1、保健的で安全な環境をつくり、快適に生活できるようにします。
2、個々の子供の欲求を十分に満たし、生命の保持と、情緒の安定をはかります。
3、友達と楽しく食事したり、様々な食べ物を食べる楽しさを味わうようにします。
4、昼寝など適切な休息をさせ、心身の疲れを癒して、集団生活による緊張を緩和します。
5、自分でできる喜びを感じ、健康、安全など生活に必用な基本的習慣を次第に身につけます。
6、身近な遊具や用具を使い、十分に身体を動かして遊びを楽しみます。
7、保育士や友達の言うことを受け入れます。
8、友達との繋がりを広げ、集団生活を楽しみます。
9、異年齢の子供に関心を持ち、関わりを広めます。
10、身近な動植物や、自然事象に親しみ、それらに愛情や関心持ちます。
11、身の回りの人々の生活に親しみ、身近な社会の事象に関心を持ちます。
12、身近な環境に興味を持ち、自分から関わり、身の回りの事物や数、量、形などに関心を持ちます。
13、人の話を聞いたり、自分の経験したことや、思っていることを話したりして、言葉で伝える楽しさを味わいます。
14、絵本、童謡、視覚教材などを見たりしてイメージを広げ、言葉を豊かにします。
15、身近な事物に関心を持ち、それらの面白さ、不思議さ、美しさなどに気づき、感性を豊かにします。
16、感じたことや、思ったこと、想像したことなどを様々な方法で表現します。

 

2、4歳児保育の重点

(1)子供同士の横の関係を深める
4歳児は言語機能の発達もかなり進むだけに、会話を含めて、人とのコミュニケーション能力は急速に伸びる時期となります。 それだけに、保育士は子ども一人一人とのコミュニケーションの促進を行い、子どもの個性をよく理解することが必要です。 この時期の子どもは、自分が受け入れられることによって、自分も他人を受け入れなければならないということを理解できるようになります。 

 

保育士と子ども、子供と子どもが、「話し合う」機会をできるかぎり設定し、保育活動が子どもによく理解され、意味のあるものとして受けとめられることが必用です。 そうすることによって、自主的に、お互いに相手のことも考えて行動できるようになるのです。

 

(2)生活の仕組みを理解させる
また、この年齢では、生活の仕組みについて理解しようとする時期です。 現代の子供は生活意識が育ちにくいと言われますが、それは、子どもが現実の生活活動に参加する日常的な機会が少ないことが原因です。 子どもが自分の生活について興味や関心を拡げるだけでなく、保育か都度の過程で実際に生活体験を行う態度を育成し、またそれらを自己表現として、造形や遊びの中で表出できるような機会を子共に提子供することが必要です。

 

(3)自然現象に好奇心を示す
自然界、自然現象に対して、好奇心、興味、関心を示すだけにとどまらず、それらの仕組みを探求し、直接的に関わる意欲を示すようになります。 自然界との関わりをもつ保育活動は、子供に「生きる」ことの素晴らしさ、自然界の不思議さを教え、また、自然界における生物への畏敬の念を育てることになります。 現代の保育はどうしても、物質文明へと傾斜しやすい傾向にあり、人間と自然界との関わりが薄れてしまい、その傾向が保育活動にも反映することになります。 保育士自身が積極的に自然に目を向け、その仕組みや様態を子どもに分かち合うという保育観の確立も課題です。  

 

(4)基本的生活習慣の完成期
4歳児保育の重要な点としてあげられることは、基本的生活習慣形成が4歳代でほぼ完成されるということの理解の問題です。 この時期の基本的生活習慣形成が未熟な場合には、他の発達面においても不利な状態を予測できるだけに、かなり意識的に保育活動の一環としての、生活習慣づけを実践することが課題です。 この時期は、全ての発達の面で個人差が大きいので、個別的援助を与えながら、子どもの自発性を育てることが大切です。 

 

 

4、保育の実践事例

(1)生活習慣のしつけ
4歳児のこの時期は、成長するにつれて、自分の身の回りのこと(食事、午睡、排泄、手洗い、食後の歯磨き、鼻をかむ、着脱衣、挨拶など)は、自分で自然にできるようになりますが、この時期は個人差があるので、その子n発達にあわせるような指導を心がけます。 過程での様子を聞きながら、親と協力することが大切です。

 

ごくまれに、遊びに夢中になって、そそうをすることがありますが、このような時は本人が傷つかないように、他の子どもにわからないように始末をしてあげることが大切です。 紐結びがまだ難しい子どもがいるので、靴のひもやベルトなど、特に気をつけます。>

 

けんか
4歳児では、自己優越の主張、物独占、能力の比較というような競争心が激しくなり、自慢したり、自分の能力や持ち物を誇張してしゃべったり、自分を強く見せるための嘘を言うことがあります。 そういうことから喧嘩が増えます。 喧嘩は一面では親しく、仲の良い間柄ともいえます。 喧嘩の原因として主に次のことがあげられます。

 

●ぶつかったとか、足を踏んだとか。
●遊具や遊び場所や独占の争い。
●一番いいもの(多い物)を自分が得ようとする。
●遊びのルールを守らないことへの抗議。
●相手の悪口を言う。
、、などに分けられます。 4歳児は、男の子同士の喧嘩が多く、次に男の子と女の子で、女の子同士の喧嘩は少ないです。 両方の言い分をよく聞き、認めてやり、どうして喧嘩になったのかを考えさせ、自分達でトラブルを解決できるような援助をします。 自己中心性の心情から、相手の立場や気持ちになれるような指導を心がけます。


関連ページ

1) 新生児期(乳児期 生後1か月)の発達段階と特徴
新生児期(乳児期 生後1か月)の体の成長、発達の様子です。 標準的な数値を書いておきますが、赤ちゃんによって成長が早い、遅いがありますから、あくまでも目安にしてくださいね。
2)乳児期(生後6ヶ月まで)の発達段階と特徴
乳児期(生後6ヶ月まで)の体の成長、発達の様子です。 標準的な数値を書いておきますが、赤ちゃんによって成長が早い、遅いがありますから、あくまでも目安にしてくださいね。
3)乳児期(6か月から1歳3か月まで)の発達段階と特徴
乳児期(生後6か月から1歳3か月まで)の体の成長、発達の様子です。 標準的な数値を書いておきますが、赤ちゃんによって成長が早い、遅いがありますから、あくまでも目安にしてくださいね。
乳児期(6か月から1歳3か月まで)の保育・子育て
幼児期(10ヶ月から1歳3か月未満)の遊び
4)幼児期(1歳3か月から2歳未満まで)の発達段階と特徴
幼児期(1歳3か月から2歳未満まで)の体の成長、発達の様子です。 標準的な数値を書いておきますが、赤ちゃんによって成長が早い、遅いがありますから、あくまでも目安にしてくださいね。
幼児期(1歳3か月から2歳未満まで)の保育としつけ
幼児期(1歳3ヶ月から2歳未満)の遊び
5)幼児期(2歳児)の発達段階と特徴
幼児期(2歳)の体の成長、発達の様子です。 標準的な数値を書いておきますが、子どもによって成長が早い、遅いがありますから、あくまでも目安にしてくださいね。
幼児期(2歳児)の保育のねらいとしつけ
幼児期(2歳児)の遊び
3歳児以上の特徴と保育の重点
6)幼児期(3歳児)の発達段階と特徴
幼児期(3歳)の心と体の成長、発達の様子です。 標準的な事を書いておきますが、子どもによって成長が早い、遅いがありますから、あくまでも目安にしてくださいね。
幼児期(3歳児)の保育のねらいとしつけ
幼児期(3歳児)の遊び
7)幼児期(4歳児)の発達段階と特徴
幼児期(4歳)の心と体の成長、発達の様子です。 標準的な事を書いておきますが、子どもによって成長が早い、遅いがありますから、あくまでも目安にしてくださいね。
幼児期(4歳児)の遊び
8)幼児期(5歳児)の発達段階と特徴
幼児期(5歳)の心と体の成長、発達の様子です。 標準的な事を書いておきますが、子どもによって成長が早い、遅いがありますから、あくまでも目安にしてくださいね。
幼児期(5歳)の保育のねらいとしつけ
幼児期(5歳児)の遊び
小学校の入学準備