保育士のやりがいと転職

1、保育のねらい

1、保健的で安全な環境をつくり、快適に生活できるようにします。
2、個々の子どもの欲求を十分に満たし、生命の保持と、情緒の安定をはかります。
3、食事をすることに意味がわかり、楽しんで食事や間食をとりようになります。。
4、昼寝など適切な休息をさせ、心身の疲れを癒して、集団生活による緊張を緩和します。
5、自分でできることの範囲を広げながら、健康、安全など生活に必用な基本的習慣や態度を次第に身につけます。
6、安全や危険の意味やきまりがわかり、危険をさせて行動します。
7、様々な遊具や用具を用い、集団遊びや、やや複雑な運動を行うなど、様々な遊びを楽しみます。
8、回りの人々に対する親しみを深め、集団のなかで自己主張したり、人の立場を考えながら行動します。
9、異年齢の子どもたちと遊びの楽しさを味わいます。
10、身近な環境や自然と触れ合うなかで、自分達の生活との関係に気づき、それらを取り入れて遊びます。
11、日常生活に必要な事物を見たり、扱ったりなどして、その事物の性質や存在に興味を持ったり、数、量、形などんへの関心を深めます。
12、様々な機会や場で活発に話したり、聞いたりして、生活の中で適切な言葉を使います。
13、絵本、童謡、視覚教材などを見たり、聞いたりして生活の中で適切に言葉を使います。
14、身近な社会や自然事象への関心が高まり、様々なものの面白さ、不思議さ、美しさなどに対して感性を豊かにします。
15、感じたことや、思ったこと、想像したことなどを工夫して、様々な方法で表現します。

 

2、5歳児保育の重点

(1)力動的な人間関係の促進
5歳児保育は、力動的な人間関係の経験が十分できるようおな活動を子どもに提供すべきであり、人間関係を自発的に形成する能力をこの時期に養うことが、学童期以降の子どもの発達の方向付けともなるのです。 5歳児は、保育所保育において、社会規範のひな型を学習し、社会の仕組み、ルールを理解するのに必要な保育活動を受けることが必用です。 

 

(2)遊びと仕事とn関係を認識する能力の援助
この年齢には、さまざまな保育活動を通して、遊びと仕事との関係を認識する能力が育つよう援助が必要です。 特に遊びにはルールや仕組みがあり、遊びに用いられる道具や遊具の仕組みや属性の理解を深める保育活動が提供され、そしてこれらの保育活動が子ども同士の力動的関係を促進し、創造的かつ生産的な活動として発展できるように指導することが必要です。 

 

(3)科学性の発達の促進
5歳児保育は、科学性の発達を促進する保育活動でありたいものです。 社会の仕組み、事物や事象の意味や属性の理解はもとより、自然現象の仕組み、動植物に対する興味、関心を深めるなど子どものもつ探究心を健全に発達させるに必用な援助が課題です。 子どもの科学性の育成には、何よりも保育士自身が自然界や社会の仕組みについてよく学習し、子どもと共に科学性を育てる心構えが必要です。 

 

(4)年少の子ども、障害をもつ子どもとのふれあいの経験
5歳児は、同年輩の子どもと力動的な関係を十分経験するだけでなく、年少の子ども、障害を持つ子どもとの人間的なふれあいを経験し、人間として子どもとして生きていくには、多くの人たちと心をわかちあうことの大切さを経験させることも課題と言えます。 このような異年齢児や発達障害を持つ子どもとのかかわりは、それに相応しい保育内容を設定することによって可能であり、保育所という場が人間集団として発達的に機能するためにも子ども同士の交流が保育活動として位置づけられることが必要です。 

 

(5)自分に対する自信、信頼などを生活の流れの中で習得させる
学校集団へと移行していく年長児としての保育は、自分に対する自身、信頼、適応感を生活の流れの中でしっかりと習得できる保育が必要です。自分の生活行動に意識的に参加し、自分を抑制しながら社会の仕組みやルールへと適応していくために、必要な必要な基本的習慣づけについては、決して手を抜いてはなりません。 特に子どもの役割意識を育成するために、仕事的参加(役割参加)を十分に経験させ、自分の役割に対して責任が持てるような指導が必要です。

3、保育の実践事例

給食のしつけ
●5歳児では年度の初めから当番活動ができるまで成長しているので、交替で当番になり、役割を決めて責任を持たせるようにします。 
●当番の子どもが、テーブルを拭いたり、お茶を運んできて手伝いをします。 
●リーダーも当番にさせると喜んで役目を果たします。
●時計を見ながら、長い針がどこまで来る間に食べてしまうとか、時間の約束もできるようになるので、ある程度時間内に食べられるように仕向けます。
●こぼさないで食べられるようになります。 こぼした食べ物は拾わせるようにします。
●片付けも保育士の手伝いなしでできるようになります。

 

排尿、排便のしつけ
●小学校に行っても困らないように、排便は時間を決めて、朝できるだけ自宅で排便をすませてから1日の活動がはじまるようにします。
●4歳ごろまでは、遊びに夢中になって失禁する場合もありますが、5歳になるとそのような心配はなく、安定してくる時期です。

 

睡眠のしつけ 
●夜遅くまで起きていてテレビを見る子どもが増えてきます。 当然ながら翌朝は寝不足のまま朝食もそこそこに登園してきます。 1日の保育活動が不調に終わることになります。 早寝早起きの習慣は、親とよく連絡をとりながら、きちんとしつけるようにします。
●年齢が高くなるにつれて、午睡時間が短くなり、午睡を嫌がる子どもがでてきます。 このような場合は無理に寝せるのではなく、短時間でも身体を横たえて休息させるようにします。 この間、静かな音楽を聞かせたり、保育士の素話を聞かせるのも良いです。

 

清潔に関してのしつけ 
●食前の手洗い、食後の歯磨き、トイレ後の手洗いなど、保育士から注意を受けなくても自然に習慣が身についていまるようにします。
●外遊びで服が汚れたときも自分からすすんで着替えるようにします。 汚れたままでは恥ずかしいという気持ちになります。 5歳頃の清潔感や美的情操、道徳的情操の育ちは生活のなかで関連しながら育つと言われます。 そのような感覚が育つような配慮も大切です。 
●冬季は、インフルエンザが流行するので、うがいや手洗いを徹底して行います。

 

約束に関してのしつけ 
●この頃は大人と子どもの信頼関係をこわさないために、約束を守るということは、鉄則です。 例外を作ってはいけません。
●約束ごとを自分達で話し合って決めることができ、自分達が決めたルールは、自主的に守っていこうとします。 集団生活では、約束を守らなければ周りの人に迷惑をかけるということを日常生活の中で具体的に理解させます。

 

公衆道徳に関してのしつけ 
●個人的な習慣形成や、小グループ内での個人のあり方として身につけていきます。
●具体的な場面で大人が手本を示しながら教えます。
●例えば身近なことで具体例をあげてみると次のようなことです。
「公共施設の木や花壇を傷めない」「公共のトイレを綺麗に使う」「公共の施設や道具を大切に使う」「乗り物のなかで騒いだり、人の迷惑になるようなことをしない」「路上に唾をはいたり、おしっこをしない」「ごみをどこにでも捨てない。ゴミ箱がない場合は持って帰る」「公共の場所で騒がない」etc 
●保育所の子どもを連れて園外へ行く場合は、事前によく注意しておきます。

 

交通安全に関してのしつけ 
●5歳になると、1人で遊びにでかけたり、お使いに行ったりすることもあるので、交通規則を子どもが理解できるように教える必要があります。
●警察署の交通係に依頼して、年一回、交通教室を開きます。 その中で具体的に交通ルールの指導をします。
●就学が近くなったら自宅から学校までの道路を親が一緒に歩いてみて、道路の歩き方を教えます。 また危険な場所はないか、確認しておきます。


関連ページ

1) 新生児期(乳児期 生後1か月)の発達段階と特徴
新生児期(乳児期 生後1か月)の体の成長、発達の様子です。 標準的な数値を書いておきますが、赤ちゃんによって成長が早い、遅いがありますから、あくまでも目安にしてくださいね。
2)乳児期(生後6ヶ月まで)の発達段階と特徴
乳児期(生後6ヶ月まで)の体の成長、発達の様子です。 標準的な数値を書いておきますが、赤ちゃんによって成長が早い、遅いがありますから、あくまでも目安にしてくださいね。
3)乳児期(6か月から1歳3か月まで)の発達段階と特徴
乳児期(生後6か月から1歳3か月まで)の体の成長、発達の様子です。 標準的な数値を書いておきますが、赤ちゃんによって成長が早い、遅いがありますから、あくまでも目安にしてくださいね。
乳児期(6か月から1歳3か月まで)の保育・子育て
幼児期(10ヶ月から1歳3か月未満)の遊び
4)幼児期(1歳3か月から2歳未満まで)の発達段階と特徴
幼児期(1歳3か月から2歳未満まで)の体の成長、発達の様子です。 標準的な数値を書いておきますが、赤ちゃんによって成長が早い、遅いがありますから、あくまでも目安にしてくださいね。
幼児期(1歳3か月から2歳未満まで)の保育としつけ
幼児期(1歳3ヶ月から2歳未満)の遊び
5)幼児期(2歳児)の発達段階と特徴
幼児期(2歳)の体の成長、発達の様子です。 標準的な数値を書いておきますが、子どもによって成長が早い、遅いがありますから、あくまでも目安にしてくださいね。
幼児期(2歳児)の保育のねらいとしつけ
幼児期(2歳児)の遊び
3歳児以上の特徴と保育の重点
6)幼児期(3歳児)の発達段階と特徴
幼児期(3歳)の心と体の成長、発達の様子です。 標準的な事を書いておきますが、子どもによって成長が早い、遅いがありますから、あくまでも目安にしてくださいね。
幼児期(3歳児)の保育のねらいとしつけ
幼児期(3歳児)の遊び
7)幼児期(4歳児)の発達段階と特徴
幼児期(4歳)の心と体の成長、発達の様子です。 標準的な事を書いておきますが、子どもによって成長が早い、遅いがありますから、あくまでも目安にしてくださいね。
幼児期(4歳児)の保育のねらいとしつけ
幼児期(4歳児)の遊び
8)幼児期(5歳児)の発達段階と特徴
幼児期(5歳)の心と体の成長、発達の様子です。 標準的な事を書いておきますが、子どもによって成長が早い、遅いがありますから、あくまでも目安にしてくださいね。
幼児期(5歳児)の遊び
小学校の入学準備