保育士のやりがいと転職

出生時体重は平均で3kgですが、生後3か月で生まれた時の約2倍の、男児は6.8kg、女児は6.38kgに達します。 身長は、男児は49.9センチ、女児は49センチです。 2〜3時間おきに授乳をし、平均1日、約25〜30g体重が増えていきます。

 

赤ちゃんの成長、発達

 

 母乳を飲んだり、排泄以外はほとんど眠っていますが、おむつを換える時や入浴時には活発に手足を動かします。 また手を口に持っていって吸ったり、哺乳瓶を支えるような動きもよく見られます。しかし、この時期の動きは幼児期と比べ、反射的ではっきりした意思ではありません。

 

 視覚は約20〜30センチの間は両眼で見ることができます。 また母親の顔は50秒くらい凝視できます。 音への反応は、胎児の内からあって、母親の心臓音や血流音を聞かせて泣き止んで安心して寝ているとの報告もあります。 

 

 快と不快の情緒を表出すのも新生児期の特徴です。 例えば授乳後、目覚め、入浴後、またあやすと機嫌がよく笑ったり声を出して喜びを表現したりします。 逆に空腹時、寝不足やおむつが汚れたりした時は不快の情緒を表して泣きます。 新生児期は乳児期の死亡の約半数を占めるので、慎重な扱いが求められます。


関連ページ

2)乳児期(生後6ヶ月まで)の発達段階と特徴
乳児期(生後6ヶ月まで)の体の成長、発達の様子です。 標準的な数値を書いておきますが、赤ちゃんによって成長が早い、遅いがありますから、あくまでも目安にしてくださいね。
3)乳児期(6か月から1歳3か月まで)の発達段階と特徴
乳児期(生後6か月から1歳3か月まで)の体の成長、発達の様子です。 標準的な数値を書いておきますが、赤ちゃんによって成長が早い、遅いがありますから、あくまでも目安にしてくださいね。
乳児期(6か月から1歳3か月まで)の保育・子育て
幼児期(10ヶ月から1歳3か月未満)の遊び
4)幼児期(1歳3か月から2歳未満まで)の発達段階と特徴
幼児期(1歳3か月から2歳未満まで)の体の成長、発達の様子です。 標準的な数値を書いておきますが、赤ちゃんによって成長が早い、遅いがありますから、あくまでも目安にしてくださいね。
幼児期(1歳3か月から2歳未満まで)の保育としつけ
幼児期(1歳3ヶ月から2歳未満)の遊び
5)幼児期(2歳児)の発達段階と特徴
幼児期(2歳)の体の成長、発達の様子です。 標準的な数値を書いておきますが、子どもによって成長が早い、遅いがありますから、あくまでも目安にしてくださいね。
幼児期(2歳児)の保育のねらいとしつけ
幼児期(2歳児)の遊び
3歳児以上の特徴と保育の重点
6)幼児期(3歳児)の発達段階と特徴
幼児期(3歳)の心と体の成長、発達の様子です。 標準的な事を書いておきますが、子どもによって成長が早い、遅いがありますから、あくまでも目安にしてくださいね。
幼児期(3歳児)の保育のねらいとしつけ
幼児期(3歳児)の遊び
7)幼児期(4歳児)の発達段階と特徴
幼児期(4歳)の心と体の成長、発達の様子です。 標準的な事を書いておきますが、子どもによって成長が早い、遅いがありますから、あくまでも目安にしてくださいね。
幼児期(4歳児)の保育のねらいとしつけ
幼児期(4歳児)の遊び
8)幼児期(5歳児)の発達段階と特徴
幼児期(5歳)の心と体の成長、発達の様子です。 標準的な事を書いておきますが、子どもによって成長が早い、遅いがありますから、あくまでも目安にしてくださいね。
幼児期(5歳)の保育のねらいとしつけ
幼児期(5歳児)の遊び
小学校の入学準備